総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はどこ?

 
総量規制は貸金業法上の融資制限のため、それ以外の業態である金融機関であれば総量規制のことを気にする必要はありません。
総量規制対象外というと、銀行を思い浮べる人が多いようですが、銀行に限らずJAや労働金庫なども同様に総量規制対象外です。信用金庫なども同様です。

とはいえ、総量規制である年収の3分の1というラインを超えてしまった人が、別の金融機関で審査に通るかどうかは別問題です。

 

銀行系カードローンは年収の半分程度までは与信枠を設定できると言われています。既に年収の3分の1を借りているわけですから、差額は年収の6分の1です。

 

計算上はこれだけの融資限度額を設定することができますから、銀行系カードローンであれば審査に通る可能性はあります。

 

しかし、ご存知の通り銀行系カードローンは審査が厳しいです。他のカードローンで限度超過になったひとは多重債務者として警戒されます。つまり、審査に通らない可能性が高いのです。

 

これは、JAや労働金後も同様で、数字だけを見て、まだ借りれるかもしれないと考えるのは早計です。ただし、銀行などの金融機関は昔からの顧客を大切にする傾向にあります。

 

預金などの付き合いで、今後とも取引を続けていく可能性が高い顧客に対しては、審査が柔軟になることが多いです。親などの親族が預金を多額にしている金融機関も同様です。

 

このような事情があるため、自分が給与振込を長年しているような金融機関に相談すると結構すんなりと融資を通してくれることがあります。

 

必ずしも融資を受けることができるという保証はありません。しかし、ちょっとでも有利な金融機関に依頼すれば総量規制オーバーになってしまっても希望はあります。