派遣社員でも在籍確認の電話なしでキャッシング可能です。

 
消費者金融に申込むのに派遣社員の場合はどうなるのか?
そういう質問をよくいただきます。確かに正社員の方や公務員の方に比べて派遣の方やアルバイト・パートなどは審査が厳しいという話を聞きます。

その差は、勤務先に在籍していることを証明できる書類の違いにあります。

審査に必要な証明書類は、免許証や健康保険、収入証明書や給与明細などありますが、正社員や公務員の方には勤務先名の入っている社会保険証があります。これだけで、「現在も勤務先に在籍している」ことが証明できるので、審査の状況によってですが、「確認のための電話連絡が免除」になります。

 

もちろん、アルバイトやパートの方、派遣の方も、毎月の安定した収入があれば、消費者金融を問題なく利用することができます。ですが、審査の際に勤務先を証明できる書類は限られます。なので職場への確認電話がどうしても不可欠となります。

 

ちなみに、勤務先にかかってくる電話ですが、消費者金融を名乗って電話をかけてくることはありません。オペレーターの個人名でかけてきますので安心です。申込みをされたお客様のプライバシーに配慮して、第三者に知られないように徹底してくれます。

 

とはいえ、それでも個人名でかかってくる電話でも、普段かかってこない職場だったりすると勘ぐられたり、電話対応があまりない職場だと、電話が繋がらず審査に通らないということも起きたりと、最初から電話NGでお願いしたほうが良かったということもあります。

 

派遣社員の方は、アルバイトやパートの方と違い、社会保険を選ぶことが出来ます。働き方によりますし、派遣会社によって条件は違ってきますが、社会保険に切り替えれば消費者金融のみならず様々な金融機関に申込みやすくなるのは間違いないことです。